The Art of the "Fellowship of the Ring" (The "Lord of the Rings")

The Art of the "Fellowship of the Ring" (The "Lord of the Rings")

   ホートン・ミフリン社のトールキン作品で愛されるイラストレーター、アラン・リー。そしてトールキンのイラストで有名なジョン・ハウ。彼ら才能あるアーティストのチームが、トールキンの中つ国を再現すべく、3年以上を費やして、セット、小道具、クリーチャー、ロケーションを制作した。ホビット庄、リベンデル、ミナス・ティリスは、もはや地図上の名前ではない。文字通り何百人ものデザイナーや職人が、武器、小道具から建築物まで、『ロード・オブ・ザ・リング』に出てくる48,000のオブジェのひとつひとつに、文化的ディテールを忠実に加えていく綿密な作業に取り組んだ。 <p>   このすべてが、イラストをふんだんに使ったゲイリー・ラッセルの本で見られる。ラッセルはニュージーランドのセットで時間を過ごし、ピーター・ジャクソン監督、特殊効果の天才リチャード・テイラー、3人の美術監督ポール・ラセイン、ダン・ヘナー、クリス・ヘナー、衣装デザインのナイラ・ディクソン、そしてアラン・リーとジョン・ハウにインタビューを行っている。この本は鉛筆画から成果物までのすべてをとりあげ、なぜ、どのようにしてこの映画のビジュアルがこれほどエキサイティングなものになったのか、詳しく解説する。映画に感嘆した多数のファンは、この信じがたい映像の起源と発展について、知りたいことのすべてをこの本に見つけることだろう。