Aria for flute (or violin) & piano

Aria for flute (or violin) & piano

1920年代から30年代にかけてパリ国立高等音楽・舞踊学校で多くの賞を受賞した<i>ウジェーヌ・ボザ</i>は、オペラ=コミック座のオーケストラの指揮をとるに至り、その後はヴァランシエンヌの音楽学校の校長になりました。クラシック音楽の一線で有名な人物として、<i>ボザ</i>の作品は聴衆に広く受け入れられました。ヴァイオリンまたはフルートとピアノのための<strong>アリア</strong>もその例外ではありません。 <br/><br/>ヴァイオリンかフルートで演奏できる<i>ボザ</i>のこの叙情的で優雅な作品は、豊かな拍動感あふれるピアノの和音と共に、二つの楽器の美しい低音域で表現されています。音楽教育者Paul Griffiths(ポール・グリフィス)は、<i>ボザ</i>の作品について、「その作品は旋律の滑らかさ、構造の優美さ、そして楽器の能力を常に敏感に配慮する姿勢を明らかにしている」と記しています。