Jehan Alain: Litanies for Organ / ジャン・アラン: オルガンのためのリタニ

Jehan Alain: Litanies for Organ / ジャン・アラン: オルガンのためのリタニ

<i>ジャン・アラン</i>(1911-1940)は、フランスのオルガン奏者、作曲家です。彼のオルガンのための<strong>リタニ</strong>は、1937年に作曲され、この楽器のレパートリーとして卓越した一曲となりました。 <br/><br/><i>アラン</i>は、オルガンのヴィルトゥオーソ、Guilmant(ギルマン)やVierne(ヴィエルヌ)と共に学び、もともとはオルガニストであり宗教音楽の作曲家でした。パリ国立高等音楽・舞踊学校在学中には数多くの賞を受賞、彼の作品カタログはおよそ140曲から成ります。<strong>リタニ</strong>は、<i>アラン</i>の最も有名な作品で、前書きには次のように書かれています。「苦しみにありキリスト教徒の魂が神の慈愛を哀願するほかの言葉を見いだせない時には、同じような祈りを限りなく繰り返す。理性は限界に達し、ただ信仰心だけが人を前進させるのみである…」。快活でコミカルな作品から、感性豊かで思いもよらない作品まで、多様な音楽性を持つのが<i>アラン</i>の作品です。さらに、この作曲家はオルガン・テクニックを活用し、<strong>リタニ</strong>を上級レベルのオルガン奏者のためのエキサイティングで変化に富んだ作品として仕上げました。