Hahn: Le Ruban Dénoué 12 Valses À Deux Pianos Et Une Mélodie / アーン: ひもときし手紙のリボン ピアノ2台のための12のワルツとメロディー

Hahn: Le Ruban Dénoué 12 Valses À Deux Pianos Et Une Mélodie / アーン: ひもときし手紙のリボン ピアノ2台のための12のワルツとメロディー

<strong>ひもときし手紙のリボン</strong>は、<i>Reynaldo Hahn(レイナルド・アーン)</i>による最も重要な一作品です。ピアノ2台のための12のワルツは、アーンの友人たちのエンターテインメントとして生まれ、旋律的側面を強く持っています。ハーモニーの観点、そして<i>アーン</i>がピアノ作品を作曲した期間の終わりに書かれた作品であるという点では、彼の作曲した作品の中でも最も優れたものの一つであると言えます。その後の喜劇やオペラにより焦点を置いた第二期へ向けてのうまい橋渡しとしての役目を果たしています。