Hahn / アーン : Pièces D'amour Et Autres Inédits Pour Piano

Hahn / アーン : Pièces D'amour Et Autres Inédits Pour Piano

当時は「ファッショナブル」で「型にはまった」作曲家とみなされていた<i>アーン</i>の<strong>ピアノ作品</strong>は、これまであまり知られていませんでした。しかし、この作曲家の音楽の活発な多様性を示す<strong>愛の作品とその他未発表ピアノ作品集</strong>が、当時の先入観を打ち砕きました。 <br/><br/>ベネズエラ生まれの<i>レイナルド・アーン</i> (1875-1947)はパリ国立高等音楽院に10歳で入学しました。Decombes(デコンブ)やLavignac(ラヴィニャック)、Dubois(デュボワ)、Massnet(マスネ)らから高水準の音楽教育を受け、すべてのジャンルにおける多くの作品を残した多彩な作曲家となりました。<i>アーン</i>にとって、音楽は魅力的な芸術であり、彼のピアノ作品は彼の隠された感情や気分を表現するものでした。中級スタンダードのピアノ奏者に適した<i>アーン</i>の<strong>愛の作品とその他未発表ピアノ作品集</strong>は、様々な表現、リズム、その他の音楽的特徴を組み込んだ、心地よく示唆に富む小品を収録しています。