北村透谷選集 (岩波文庫 緑 16-1)

北村透谷選集 (岩波文庫 緑 16-1)

明治二十年代の詩人として,評論家として,また平和主義運動家として多くの可能性を含みながら,自ら命を絶った北村透谷の主要作品を一冊にまとめた.革命的ロマン主義の長詩「楚囚の詩」など詩九篇,「厭世詩家と女性」など評論・感想四十余篇,他に,熱烈な恋愛の後に結婚した石坂ミナへの書簡も収めて透谷の全貌を示す.