イタリアの天日塩 700g

イタリアの天日塩 700g

ローマ時代から引き継がれてきた伝統塩田製法でつくられた天日塩です。イタリア南東に位置するプーリア地方では、ローマ時代から伝わる方法で塩づくりが行われています。アドリア海の海水を塩田に引き込み、太陽と風の力だけで約6ヵ月かけて結晶化させます。5-10mm程度まで大きくなった結晶塩は、塩田から収穫され、さらに長期間天日干しされ、おいしい塩へと「塩をからす」作業が行われます。天日干し後の大粒塩を粉砕・乾燥させると、みごとな粗塩タイプの塩が出来上がります。天の恵みを十分に受け、ていねいにつくられた本品は、まろやかな味の中にも深い旨みがあります。イタリア料理から和食まですべてのお料理の味を一層引き立ててくれます。