モネ 印象・日の出 8号 額タイプI

モネ 印象・日の出 8号 額タイプI

1874年にモネ、ルノアール、ピサロ、ドガたちは仲間を集めてグループ展を開催します。これはサロン展から締め出されがちな風景画や風俗画を描いていた若い画家たちの示威運動でした。<br>モネが少年時代を過ごしたル・アーヴル港を描いた出品作《印象・日の出》に因んで、ある批評家が彼らのことを「印象派」と呼びます。従って、印象派という言葉を生みだした重要な作品です。<br>1985年秋に展示していた美術館から盗まれ最近5年ぶりにマルタ島で発見されました。