ポスター 作者不明 座頭市 /勝新太郎 額装品 ウッドベーシックフレーム(ブラウン)
B071GKZNDB
B071X49977
B071X44FLT
B071GKZLGZ

ポスター 作者不明 座頭市 /勝新太郎 額装品 ウッドベーシックフレーム(ブラウン)

1959年にカストロ、ゲバラらにより革命がおき、1961年に社会主義が宣言され誕生したカリブ海に浮かぶ小国、キューバ共和国。暮らしは貧しいが、陽気なエネルギーに満ちあふれた人々の中からルンバ・サルサなどの音楽が生まれ、グラフィックにも、その苦境をはね返す明るさが満ちあふれています。社会主義国であるキューバにおいては、商業ポスターは基本的には存在せず、その役割はあくまでも、情報の伝達、告知です。ただし、その表現に関しては反体制的でないかぎり、かなり自由なものであったことが伺われます。キューバポスターは大きくわけて、プロパガンダ(政治的メッセージを伝える)・公共・文化(映画、音楽祭など)の三つに分けられます。キューバ映画芸術産業省(ICAIC)内の工房において、一枚一枚「シルクスクリーン」の手法にて、手作業で制作されています。グラフィック中心で、中南米特有の大胆な色彩と構図で制作されたポスターは、デザインとしての評価もさることながら、アートとしても欧米では評価され始め、カンヌ国際映画祭のポスター部門の受賞など、多くの作品は世界的に評価されています。 エドゥアルド・ムニョス・バッチ:キューバでもっとも多作で著名なデザイナーで、彼の作品はキューバのグラフィック界においてかかすことの出来ない存在です。1960年に初めて映画のポスターを制作し、それ以降のキューバ映画ポスターの新たな技法、デザインの潮流を作りました。※裏面にプリントロゴ