Hanchen 水熱合成オートクレーブ反応器 100ml PTFE内殻 304ステンレス高圧消化タンク 220℃ 2MPa
B07R8X96R3

Hanchen 水熱合成オートクレーブ反応器 100ml PTFE内殻 304ステンレス高圧消化タンク 220℃ 2MPa

お支払いの際、配送する住所または電話番号をご確認ください。<br> お支払いが確認された後、通常4-6営業日以内に発送いたします。<br> 発送が完了いたしましたら、発送の明細をメールにてお知らせいたします。<br> ご不明な点などございましたら、何なりとお申し付けください。<br><br> <b>製品の説明:</b><br> 水熱合成リアクターは、不溶性物質を分解することができる密閉容器です。<br> 原子吸光分析やプラズマ発光などの分析におけるサンプル溶解前処理にも使用できます。<br> また、少量の合成にも使用できます。<br> 強酸/アルカリ、高温、高圧の密閉環境を利用して不溶物を速やかに消化する目的を達成します。 <br> 微量元素の定量にサンプルを溶解するのに役立ちます。<br> 適用:鉛、銅、カドミウム、亜鉛、カルシウム、マンガン、鉄、水銀および他の重金属の消化で使用することができます。<br><br> <b>使用:</b><br> 1.反応物をPTFEライニングに注ぎ、供給量が80%未満であることを確認ください。 初めて使用する場合は30%未満にする必要があります。<br> 2.ケトル本体を正しく取り付け、ブースターロッドでケトルカバーを締めます。<br> 3.合成反応器をヒーターに入れて、必要な温度(規定の安全温度以下)まで温度を上げます。<br> 4.反応の終わりには、反応器の損傷を避けるために冷却速度は厳密に≦5℃/分にすべきです。<br> 5.ケトル内の温度が反応物の溶媒の沸点より低いことを確認した後、ブースターロッドでケトルのカバーを緩めてから、ケトルのカバーを開けます。<br><br> <b>パラメータ:</b><br> モデル:100ml<br> 容量:100ml*80%<br> 外殻:ステンレス<br> 内殻:PTFE(耐食性)<br> 圧力範囲:Max 2.0Mpa<br> 温度範囲:-200℃~220℃<br> セキュリティ温度:180度℃<br> 加熱冷却速度:5℃/分<br><br> <b>ご注意:</b><br> ●常圧でのPTFEの軟化温度は240度です。 圧力を考慮すると、安全温度は180度です。<br> ●サンプルを使用する場合、溶媒はインナーカップの容量の30%〜80%である必要があります。<br><br> <b>そのほか:</b><br> 商品説明には万全を期していますが、万一商品と異なる場合は商品を優先いたします。<br><br>